外壁の塗装・リフォーム

外壁塗装・外壁のリフォームをする時に知っておきたいことを簡単にまとめてみました。
注意すべきポイントを押さえて、失敗のない外壁リフォームプランを作りましょう。

 

 

外壁をリフォームする際のポイント

 

外壁は、雨風や太陽による紫外線をはじめ、気温の変化などに絶えずさらされているため、汚れやひび割れといった劣化が進みやすい環境にあります。
かといって、手入れせずにそのまま何十年も放置しておくと、見た目の汚れだけでなく、雨漏りの原因になったり、家の内部に水が染み込んで柱や土台が腐食してしまう原因になります。
目視で構わないので、日ごろから外壁の状態をチェックし、定期的なメンテナンスを行うことで、これらのトラブルを未然に防ぐことができます。

 

 

外壁の種類

家の外壁に使用されている素材には、砂・セメント・水を混ぜた「モルタル」や、「サイディング」というボード状のものが一般的となっています。
外壁材の種類によって、工事の費用や耐久性も異なってくるため、事前に把握しておく必要があります。

 

 

サイディング(窯業系)
外壁サイディング

「サイディング」は、ボード状の外壁材の総称で、素材としては窯業(ようぎょう)・金属・樹脂の3種類があります。

 

「窯業サイディング」は、主にセメント質の原料と繊維質の原料をボード状に加工した外壁材で、全国的に普及しています。
耐震性・防火性が高く、パターンが数多くあって、デザイン性のあるタイプを選択できます。

 

お手入れは5年前後の間隔で、ボードとボードのつなぎ目を埋めている「シーリング材」の補修が欠かせません。
その他、外壁を触ってみて手に白い粉が付くような「チョーキング現象」が見られるようになると、外壁の「塗り替え」を考えましょう。

 

 

サイディング(金属系)
金属サイディング

「金属サイディング」は、ガルバリウム鋼板やアルミニウムなどで作られた外壁材で、軽量なため耐震性に優れています。
また、耐久性も高いため、凍害にも強いという側面を持っています。
ただし、金属製であるため、海風による塩害にともなって、金属のサビが発生することもあります。

 

また、窯業系よりも割高となります。

 

金属系の場合も、メンテナンスは5年前後の周期で、シーリング材の補修やサビのチェックが必要となります。
外観を見て、色あせが気になってきたら、塗り替えの時期と言えるでしょう。

 

 

サイディング(樹脂系)
樹脂サイディング

「樹脂サイディング」は、塩と石油などを主原料とした樹脂製の外壁材です。まだ、日本ではそれほど知られていませんが、海外では人気のある素材です。
メンテナンスの必要があまりなく、30年はリフォームが不要とも言われます。

 

施工も容易であり、塩害・凍害にも強いのですが、デザインの種類が比較的少ないという欠点もあります。
また、「金属サイディング」よりも重量があり、目地が汚れやすいという特徴があります。そして寒冷地では、ひび割れを起こしやすいという欠点もあります。

 

 

モルタル
モルタル外壁

「モルタル」は、セメントと軽量骨材を主原料とした軽量の塗り壁です。
たとえ火事になったとしても外壁だけ燃え残るほど、防火性が高いのが特徴です。
ただし、「サイディング」よりも費用が割高となり、工期も長くかかってしまいます。

 

メンテナンスの方法としては、長年の経年劣化で細かいひび割れが生じるので、定期的な補修が必要となります。

 

メンテナンスの目安

「モルタル」の場合、下地に問題が生じなければ、10年前後の周期で塗り替えを繰り返せば、長期間その性能を保つことが可能です。
一方、「サイディング」の場合は10年前後で塗り替えるのが一般的で、サイディング自体も約25~30年すると交換が必要になります。

 

塗料の種類

外壁塗装に使われている塗料は、その種類によって仕上がり方や費用、耐久性・メンテナンスの周期が異なってきます。

 

アクリル塗料

「アクリル塗料」は、価格が安いのが一番の特徴です。
ただし、耐久性は低く、こまめな塗り替えが必要になってくるため「5年程度キレイなら良い」という方におすすめです。

 

ウレタン塗料

「ウレタン塗料」は、仕上がりに艶(つや)があり、密着性に優れています。一方で、汚れがつきやすいという欠点があります。
価格は、アクリルの次に安価ですが、耐久性が低いため「とにかく初期費用を抑えたい」という方におすすめとなります。

 

シリコン塗料

「シリコン塗料」は、価格と耐久性のバランスが良く、現在、最も主流になっている塗料です。
耐久年数は、8~10年程度です。外壁下地との密着効果や防藻効果も高いです。
また、塗料の色の種類が、非常に豊富な点も魅力の一つです。

 

フッ素塗料

「フッ素塗料」は、外壁塗料の中では高価ですが、耐久年数が13~15年と長いという点が魅力となっています。
親水性があるため、外壁に付いた汚れも雨で落ちるという特性があります。
「工事費用は少し高くなったとしてても、長持ちさせたい・汚れが付きにくい塗料が良い」という方におすすめです。

 

断熱・光触媒塗料

断熱機能やセルフクリーニング機能など、付加価値のついた塗料です。
「断熱・遮熱」に特化した塗料としては、『ガイナ』という商品が有名です。

 

「光触媒塗料」は、親水性が高く、汚れがつきにくいのが特徴となっています。
代表的なものとしては、TOTO社の『ハイドロテクト』があります。

 

なお、こうした特殊塗料は施工が難しいため、塗料メーカーの認定施工店や、施工実績が豊富な業者を選択する必要があります。

 

 

 

外壁に生じるトラブル

外壁に生じやすいトラブルをまとめてみました。

 

クラック

クラックとは、モルタルの外壁に発生する現象で、乾燥によるモルタルの収縮や建物の構造的な歪みから、下地にひび(クラック)が入る状態を言います。
放置しておくと、雨水を溜め込んでしまい、家の下地まで傷んでしまうことがあるので、早急に改修が必要です。

 

小さなクラックであれば、弾性シーリング材を注入することで対応可能ですが、大きなものになると
①クラックになった部分を切り取って清掃する
②シーリング材の密着性を高めるプライマーを塗布する
③シーリング材の外側に弾性モルタルを詰める
といった工事が必要となります。

 

ヘアクラック

ヘアクラックは、モルタルおよびサイディングの外壁に発生する現象です。
クラックの中でも、より小さなものを「ヘアクラック」と呼びます。

 

チョーキング

チョーキングは、モルタルおよびサイディング(窯業系)に発生します。
紫外線や熱などで塗膜の樹脂が分解されて劣化し、顔料が粉状になって残り、壁全体に白いチョークのような細かい粉がふく現象を言います。

 

シーリングの痩せ、ひび割れ

シーリングの痩せやひび割れは、サイディングの壁に発生します。
シーリング材の劣化や経年劣化にともなうサイディングの反りにより、接合部や目地にひび割れが入る現象です。

 

白サビ

白サビは、サイディング(金属系)に発生します。
サイディングの鋼板を保護しているメッキの腐食にともない、壁に白い細かな粒が現れる現象を指します。

 

 

 

外壁工事の種類

外壁工事は、住宅の工法や外壁の傷みレベルによって、適切な工法を選ぶ必要があります。
そこで、外壁工事の種類をまとめてみました。

 

塗り替え

塗り替えは、既存の壁の上から塗料を上塗りする工事で、外壁工事の中で最も安価で済む方法となります。
構造や下地に傷みがない場合に有効で、事前に高圧洗浄機で外壁の汚れを落としてから施工します。

 

重ね張り

重ね張りは、サイディングやモルタルの既存の外壁の表面に、下地材を打って新しい外壁材を取り付ける工法です。
住宅に外壁材の重みが二重にかかることになるので、使用する外壁材は軽量なものを選ぶ必要があります。
なお、下地が腐食していると「重ね張り」はできないので、事前のチェックが必要です。

 

張り替え

張り替えは、既存の外壁を解体して、住宅を骨組みの状態にしてから下地から張り直す方法です。
下地が傷んでいる場合には、「張り替え」が必須で、このタイミングで断熱性や耐震補強についても見直すと良いです。
下地工事代・廃材処分代・新しいサイディング代などがかかるため、3工法の中では一番費用のかかる工事となります。

 

 

 

さいごに

外壁リフォームをする際には、費用だけを考えがちですが、長く同じ家に住もうと考えている場合には、長期的に見てどれくらいの維持費用がかかるかを考えてみると良いでしょう。
外壁塗装をする際には、あと何年その家に住もうとしているのか考え、そこから逆算をして塗料や工法を選んでいきましょう。
また、外壁や屋根の工事では、足場を組む必要があります。
屋根のリフォームも考えている場合には、外壁リフォームのタイミングと合わせれば、足場代を一回分節約できるということも覚えておくと良いでしょう。